アクセンチュア 年収。 アクセンチュアの平均年収は?新卒の初任給・ボーナスはいくら?|intern

アクセンチュアは「30歳年収1,100万円、40歳年収1,600万円」 ~平均年収・年齢別推定年収・初任給・給与制度・ボーナス・福利厚生・転職成功のポイントまとめ

年収 アクセンチュア

最初はアナリストからスタートし、実績を積みながら次のコンサルタントへ昇格していくのです。 大きくは、Strategy・Consultingはいわゆるビジネスコンサルティングを行う側で、Digital・Technologyはシステムコンサルティングを行う側、Operationsはバックオフィスまわりのコンサルティングを行う側、というイメージです。

7

アクセンチュアの年収は高い?職種・役職・年代別の年収や福利厚生・社風や特徴についても解説!

年収 アクセンチュア

コンサルタント職であるかSE職であるかによって大きく異なり、基本的に コンサルタント職で入社をするほうがSE職で入社をするよりも約106万円ほど開きがあります。 職位と年収レンジは以下の通りです。 世界中で従業員数は約46万9000人におよび、2018年8月時点の売上高は、396億USドルで日本円で換算すると約4兆3839億円。

14

【アクセンチュアの年収】初任給や職位別の給料を口コミと共にご紹介

年収 アクセンチュア

(先述の通り、マネージャー以上では残業代が出なくなるため、昇格時に一時的に給与が下がるのを敬遠し、敢えてTOEICを受験しない社員もいました。 プロジェクトの最高責任者であり、クライアントに提供するサービスの責任を全て任される部門で高い責任感と遂行能力が求められます。

18

アクセンチュアの年収は高い?職種・役職・年代別の年収や福利厚生・社風や特徴についても解説!

年収 アクセンチュア

戦略部門以外の評価ポイント それに対して、戦略部門以外では学歴フィルターが比較的ゆるいと言われています。 研修でスキルを磨き、仕事で実力を発揮すれば、 年齢に関わらず昇進できます。 しかし、テクノロジー部門のみが年2回、会社全体での業績と現行のプロジェクトへの寄与や評価に応じたインセンティブとして年収の3~5%を各回支給されます。

【役職別】アクセンチュア(Accenture)の「年収・給与・ボーナス・残業代」

年収 アクセンチュア

」 「とてもアクティブな社員が多く、お互いに切磋琢磨できる環境であった。 細かいポジション別の採用ですので、自分の専門スキルを活かせる分野を選ぶことが可能です。 そもそもアクセンチュアにいく人でその会社の生涯年収を考える人はあまりいないでしょう。

8

アクセンチュアの年収って?残業代やボーナスについても徹底解説!

年収 アクセンチュア

スケジュールがタイトな中でも、プロジェクトを回していくことが求められます。

10

アクセンチュアの年収は?高額年収の秘密と就職・転職情報も解説!

年収 アクセンチュア

アクセンチュアは世界で200以上の都市に拠点を持ち、社員数は約40万人という世界最大のコンサルティングファームです。

2

アクセンチュアってどんな企業?就職偏差値、平均年収、事業内容も紹介!

年収 アクセンチュア

主にプレイヤーとして参画することが多いですが、クライアントとのミーティングを進行したり、少人数チームの場合アソシエイトマネージャーがチームをまとめることもあります。

5

【アクセンチュアの年収】初任給や職位別の給料を口コミと共にご紹介

年収 アクセンチュア

アソシエイトマネージャー 年数700~900万(20代半ば~30代前半)• 健康サポート 確定拠出年金制度とは、企業が毎月一定額の掛け金を拠出して従業員が資産運用先を選択します。