頂戴 する。 「頂戴する」の意味や使い方・例文|ビジネス・違い|頂く

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

する 頂戴

ですから、すでに敬語になっている言葉に同じ種類の敬語を重ねて使うことは、二重敬語に当たります。 「頂戴」は、「頂戴します」や「頂戴しました」といった表現でも十分な敬意を持ちます。 ビジネスシーンにおいて、金銭のやり取りが行われることは、多くあります。

20

「頂戴」の意味とは?敬語の使い方と類語表現も解説【例文つき】

する 頂戴

敬語としての扱いになるためには、言葉を成り立たせる単語の中に尊敬語や謙譲語が存在していることが求められます。 「もらう」の謙譲語は「いただく」ですが、漢字で書く時には「頂く」の他に「戴く」と書くこともできます。

20

「頂戴する」の意味や使い方・例文|ビジネス・違い|頂く

する 頂戴

この場合、購入額が1000円ぴったりでおつりがない場合には「頂戴します」として問題ありませんが、おつりが発生する額のお金を受け取る場合に「頂戴します」というのは不適切です。

11

「お名前を頂戴できますか?」この言い方は正しい? それとも…

する 頂戴

「それを頂戴」「牛肉500グラム頂戴」• 「頂く」「頂戴する」が正しい敬語 受け取るともらうの謙譲語は「頂く」「頂戴する」が正解です。

「受け取る」の謙譲語は「頂戴する」「拝受する」

する 頂戴

そんなとき、「お金をもらう」ことを敬語で表現することがあります。

9

「頂戴いたします」の意味や使い方とは? 注意点や敬語として正しいのかも解説

する 頂戴

こちらに非があるような時は、本来の敬語の使い方にとらわれず、できる限り丁寧な表現を使った方が上手くいきやすいです。 それでは、例で確認しておきましょう。 敬語の使い方に厳しい相手であれば、二重敬語に不快感を示す場合があります。

「頂戴」の意味とは?敬語の使い方と類語表現も解説【例文つき】

する 頂戴

二重敬語を使うと人によっては「まわりくどい」と不快感を示す場合もありますので、 どんな場面でも正しい言い方とはならないということも頭に入れておきましょう。 「頂戴」は「賜ること・いただくこと」という意味で、 「もらう」の謙譲語になります。

15

「お名前を頂戴できますか?」この言い方は正しい? それとも…

する 頂戴

代金をちょうど払っている場合は、「頂戴します」。 「お名前を頂戴する」も誤り ビジネスシーンでは、「お名前を頂戴できますか」や「お名前を頂戴してもよろしいでしょうか」といったフレーズもよく耳にします。