鏡開き ぜんざい。 鏡開きおしるこの理由は?ぜんざいやそれ以外の食べ方はダメなの?

「鏡開き」で無病息災。「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?|日々の便り|【二十四節気・七十二候・節供・年中行事】暮らし歳時記

ぜんざい 鏡開き

もともとは、旧暦の1月20日に行われていました。 つまり、新郎新婦が酒樽の丸い蓋を開くことで、「二人の幸福や運を切り開く」という願いが込められている儀式です。 2021年の鏡開きの日にちは、 1月11日(月)です。

1

鏡開きでぜんざいを食べる理由は?おしることの違いやそれ以外には?

ぜんざい 鏡開き

この場合も樽の蓋を鏡に見立てていますが、丸い蓋には「円満」、叩いて開くことには「末広がり」という意味があります。 もともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を連想させるため、 包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り砕くか、槌(つち)で開くようになりました。 なので、黄色っぽいきな粉ではなく赤い小豆でお餅を食べましょう。

1

1月11日は鏡開き!おしるこ・ぜんざいは関東と関西で違う―1人前なのに2杯出てくる「ぜんざい」|「マイナビウーマン」

ぜんざい 鏡開き

まず、ぜんざいは小豆を砂糖と一緒に煮込んだもので、関東では加熱しながら練り上げて作った汁気の無い餡自体を呼んでいます。 じつは、もともとお正月とは年神様をお迎えする行事なのです。 今ではお正月だけではなく、結婚式や祝賀会などおめでたい席で「鏡(樽)を開くことで今後の運を開く」という意味を込めて行われています。

15

2021年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

ぜんざい 鏡開き

ただし、ガチガチに固まったお餅は、木槌で叩いてもなかなか割れません。 さらに「切る」という表現も、切腹を 連想させるため「鏡餅切り」ではなく 「鏡開き」とされているといわれています。

鏡開きでおしるこを食べる意味ややり方は?ぜんざいとの違いは?

ぜんざい 鏡開き

私の地域では 小豆の粒があるとぜんざいで、粒が無いとおしるこです。 鏡餅を包丁で切る• 鏡開きのやり方 お正月は年神様をお迎えする行事です。 食べる時にこれが部分的にやわらかく戻らないところがあったりするんですが、あえてそれをぜんざいでとろっとろになるまで・・・いや・・・むしろ ドロッドロになるまで煮込みます。

17

鏡開きの日とは?2021年はいつ?やり方や餅の食べ方はぜんざい?

ぜんざい 鏡開き

また、昔は 二十日正月といって、20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったと言われています。

2021年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

ぜんざい 鏡開き

ご紹介した食器以外のおすすめはこちらから! 鏡開きは、古くから伝わる大切な年中行事です。 昔は青銅製の丸い形の鏡が主流でしたが、「この世とあの世の境界」を表す神聖なものと考えられていました。 ぜんざいをつくるには、3つの工程があります。

18